GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA SORA NO KANADE

 まず始めに指揮者の栗田博文さん、演奏してくださった東京フィルハーモニー交響楽団の皆さん。そしてコンポーザーの成田勤さん、植松伸夫さん、司会の小川りかこさんやCygames、東京オペラシティの方々。素敵なコンサートを2日間も開いて頂いて、ありがとうございました。

 8月12日,13日に東京オペラシティにて開催された、オーケストラコンサート SORA NO KANADEの追加公演へ両日参加してきました。日頃、ゲーム内で聞いている音楽を生演奏で聴くことが出来て大変感動しました。実は、本公演の際もチケットは買えたのですが「そこまでハマってる訳でもないし高いから行かなくていいや」と見送っていました。今回はどうしても聴きたいと想い、グッズ付きS席を両日申し込んだらなんと両日当選したのでした。
 12日は20列目、13日は6列目で鑑賞することが出来ました。特に13日は6列目とあって間近で指揮と演奏、そして響きを感じていました。施設が良く音の響きが素晴らしいと演奏の合間で植松さんが仰っていたのですが、音の聞こえはどちらも良かったのですが迫力や音の波はやはり最前列近くだからこそ味わうことが出来たのだと思います。演奏は栗田博文さんの靭やかで凛とした指揮、それに続く東京フィルハーモニー交響楽団ゲーム音楽ならではの力強い演奏が脳に焼き付いて離れません。指揮に合わせ変わる様は、乱れのないロボットのようだと思いつつも、有機的で鮮やかな演奏が美しかったです。
 セットリストは変更され、新たに『星は空高く』と『人間との戦い』が追加され全14曲でした。どちらの曲も、第一章『蒼の少女』編での印象的な曲で『星は空高く』は個人的にも大好きなので感動もひとしおでした。むしろこの曲を聴くために、参加したといっても過言ではありません。『人間との戦い』は元がオーケストラ編成で作曲されたとのことで、より際立った曲になっていました。言われるまで黒騎士戦の音楽とは気づかなかったのですが、聴いている内に「取ったばかりのセージで踏ん張ったな…」などと思い出していました。
 この他にも演奏として意識して聴いていると、思わぬ発見があった曲もありました。それを感じたのは、『ルーマシー群島 ―神秘の森― 』と『悲壮』です。ルーマシー群島は第一部でも複数回登場し、大きな役割を果たす島の1つでもあります。この曲は、この島の歴史がそうであるようにどこか神秘的なものを思わせます。一方で、歴史の中で忘れ去られた島という性格もあり、そのメロディは荘厳さとは異なるどこか哀しみや切なさを感じる曲だと感じました。『悲壮』はザンクティゼルで聴くことの出来る曲です。タイトルの通り物悲しさを感じる曲ですが、演奏では温かみや一種の明るさを私は感じました。この曲は最初、バイオリンのソロから始まります。そして、演奏が連なります。始まりを聴くと悲しさを感じるのですが、少し聴いていると温かみのあるメロディになるのです。哀楽のように、悲しみから始まり明るさを経て悲しみを繰り返して進む曲のように聴こえました。
 3部構成の『星は空高く』や労働賛歌と自然の厳しさを表した『フレイメル島 ―太古の工廠― 』といった意図的に分けられている曲も多々あります。しかし、この2つは表裏一体の何かをパートに感じる曲であり、非常に印象に残っています。これら以外も馴染みのある曲がオーケストラ用に変成され、別のような曲に聞こえるなんてこともありました。ラストは『アウギュステ列島 ―白沫の瀑布―』が演奏され、古戦場前に躍起になってマキュラ・マリウスを狩り、オールド・オベロンを集めていたときを思い出しました。最初は「この曲をラストに持ってくるの?」と思いました。しかし後に、悲しさや高揚感で終わらせない、たおやかな水をイメージさせる落ち着いた曲で終演を迎える意図に気が付きました。
 これが最後に用意されたのは、アンコールがあったからでした。12日と13日では、おそらくアンコール曲数が違うと思います。12日は興奮のあまりよく覚えていないのです…。ただ13日は、『バトル3』と『ロボミ』がアンコールで、12日にも確実に演奏されていました。『バトル3』はエンジェル・ヘイローでおなじみの曲であり、十天の為に走り回ったお陰で親の声より聴いた音楽という感想が真っ先に浮かびました。何度聞いたかわからないので笑えないですね。高く鳴り響く金管楽器が、原曲と比べても印象的でした。『ロボミ』はもういいですね、「Z」とか言い出しそうな曲です。というか、もう歌詞が朧気に頭で鳴り響いてましたよ。この曲は栗田博文さんが拍手を促し、会場一体となり拍手をして聴くことが出来ました。ゲーム音楽のオーケストラ演奏ならではという試みと一体感で、『アウギュステ列島 ―白沫の瀑布―』を最後に持ってきた理由がわかりました。特撮的な盛り上がりのある曲を演奏するからこそ、落ち着いたのを持ってきていたのだと。正しいかは別にせよ、これに気がついた時は感謝の気持ちでいっぱいになりました。栗田博文さんも今まで以上に、伸々と指揮をされているように見えました。
 演奏後は大喝采の中、お決まりの楽団全員でのお礼に始まり栗田さんが退場され再びコンポーザーのお二人と小川りかこさんを連れ登場して、挨拶をするという流れでした。「栗田さんが登場する流れ一体、何回やるんだこれ(笑)」と思ってました。それも終わり楽団員さんが全員、下がったあとにサプライズでもう一回4人が登場して下さって感動しました。「まさか出てきてくださるとは思わなかった、帰らなくてよかった」と心の底から思いました、本当に心憎いサプライズでした。
 長くなりましたが、本当にコンサートは良かったです。次の機会があったら、また行きたいです。メッセージボードもあり、ティターンのフレンド募集や団員の勧誘、「グラブルから逃げるな」というメッセージもあり楽しみました。自分もさり気なく、ゼピュロスのフレンド募集を書き込みました。13日には植松さんと成田さんの書き込みも見つけることが出来て嬉しかったです。物販ではサントラ第五弾が先行発売されており、アルティメット・バハムート戦の音楽が入っていたので購入してしまいました。12日に買ったのですが、コミケやらで取り込めてもいません。
 自分は両日グッズ付きのチケットでしたので、2つ持っていることとなっていて買い取ってくれる方はいないかな等と思っています。団のDiscordにも書いたのですが反応がないので、Twitterで欲しい方がいたらリプライください。定価の4000円〜5000円ぐらいで考えてます、フォロワーなら優先して考えますし4000円にしようかなと思っています。なので一言掛けてください、それとゼピュロスフレ待ってます。

 改めて、本日のコンサートを開催してくださった方々に感謝します。ありがとうございました!

2017/7/30

チラ裏的な記事なので前回の記事で言及したことを書くつもりは、ないです。

グランブルーファンタジー

 アルバハの実装と高級鞄HL緩和、それ以外に何かあったのだろうか。 アルバハはとりあえず5匹狩って、グランデより強いというのは理解できました。アルバハ以外の敵にコチラがやってる、クリティカル殴りなどを味わえてなかなか楽しい。HLの方は、水と光以外に道はあるんだろうか?それに得意武器縛りなのでどれを選ぶべきなのか?という何かもう、何も分からんという状態です

 高級鞄HLは、もっぱら神石用ですが私が持っているのはゼピュロスだけなので、バイヴカハを連戦で消化してます。待望の三手であり、現状希望の星であることから頑張ってます。ル・フェイは既に1本、赤箱より先に金箱で来る大変珍しい流れでした。旧石マルチの武器と比べれば、交換での入手も容易なので助かります。

編成はもう見るも無残、計算通りなら風古戦場にはル・フェイは間に合うはずですがさて…。f:id:tsukumoya99:20170730214417p:plain

Fate/Grand Order

 通算10連5回、弓王は来ませんでした、マルタは重なり宝具2になりました。孔明マーリンとヤコブ10込で20万超えるようにはなったので、そのうち出番があるんじゃないでしょうか。去年引いてからスタメン起用したのは、BB戦だけだった気もする。スタメンで置いても、MoonCancer以外で有利取るならRulerじゃなくていい。控えには置くことは多々ありましたが、目立つ活躍はしてない。

 福袋も引きましたが、ジャンヌとアルテラでした。前者は重なり、後者は使いみちが分からないということ以外喋ることはないです。全体的にRulerに愛されている。新規水着は人権なら引きたいですね、もしくはオルタか。

2017/7/2

 前回から半年以上が経ってた、なるほどねって感じです。私事としてまあまあ色々なことがありました。

  • 新卒で入った会社を辞めました、無職です。
  • honor8買いました(もしかしたらもう書いてる)
  • 星の古戦場で個人2万位に入りました
  • mi max2買いました
  • 『アガルタの女』クリアしました

これらについて言及していきます。

 大きいのは、仕事辞めたことでしょうか。一昔前に流行った、退職エントリーでも書いてみるかと思ってはや1ヶ月は過ぎました。つまり辞めたのは5月ということです。光陰矢の如しとはこれ如何にという感じです。
 詳しくは気が向いたら書こうと思いますが、体力の限界&将来性を感じなかった(分かってた)が大きいです。掻い摘んで話すと、最悪だと一日24時間働いて(実働とは別です)また24時間働くというサイクルが厳しかったこと。4時間しか取れなくて明らかに感情の起伏や気性が荒くなって、確実に精神が蝕まれていたことが挙げられます。
 他にも自分の質に由来するものもありますが、ここでは書きません。気が向いたらということです。(酒の力を借りてもここまで書けたので自分でも、結構筆が乗る話題だと思います。)

 やたら端末の話が多い、気のせいです。honor8はレビューやらが溢れているので言うに及ばずというところ。mi max2の実物レビューは1件ほど見かけましたが。提供品ではない形では未だ見たことがないので、買ってる人も相当少ないのではないかと思います。
 Z Ultraに限界を感じ、友人に売り飛ばしたのは良いものの代替機が見つからず数ヶ月探し、刺してたSimも通信せずに金だけ払う体たらくを演じてました。そんな中、セールの情報を聞いて飛びついたら2万円ちょっとだったので取り敢えず買ってみました。
 レビューは気が向いたら書きます、教えてって言われたら書く気がします。他人からのお願いは昔から断れない質なので。今簡単に言及すると、目的がZ Ultraの代替機なので、概ね果たせてるのではないかと思います。防水やら足りないところはありながら、この大きさは代え難いものがあります。目的とは関係ないですが背面やら底部のデザインがiPhoneそっくりなので、あまり褒めらたものではないと思います。ただ、これはhonor8にも共通して感じるのでもしかしたらトレンドの一言で片付けられるかもしれません。

 『アガルタの女』は2日掛かってクリアしました。特に難しいということはなかったように感じます。まだ新宿のライダー(アヴェンジャー)のほうが遥かに辛かった。
 終わってみて、デオンとアストルフォの起用は得心がいきました。ただ、メイドやら制服やらの媚要素は個人的に頂けない感じです。新宿でのWオルタも変わらんだろって意見はごもっともだと思います。ただ、私はあの2人はキャラクター性よりもキャラ性能に目をつけてるのでさほど気にならなかったからです。
 6章のときから薄々感じてはいたのですが、達成条件の見えないクエストをやらされるのがとても苦痛です。何回殺せば良いのか、何ターン持たせれば良いのか、何をすれば良いのか等。ユーザーに対して、情報を一切開示せず、何をすれば良いのかが分からない、作業の試行錯誤をさせるのに個人的にですが拒否感を強く覚えます。
 fgoのストーリーを読むには、当然ながらクリアしなければ読めない。しかし、何をすれば良いのかが分からない。『女神ロンゴミニアド戦』や『第一演技 十二の試練』のように単に強力無比な戦いは勝利条件が目に見えています。6章で言えば初見のガウェイン戦のような案外、クリア条件は簡単ではあるのですが勝利条件が分からない。このような状況は、読み進めることを非常に邪魔する。強敵であることを示したいという意図もあるのでしょうが、勝利条件もわからないのでは時間をかけて試行回数を増やすことでしか分からない。(自分で調べるという行為を省きます)無駄な徒労感とわからないことのストレスが、個人的にとても不愉快です。
 愚痴が長くなりましたが、お話としては良かったです。気になるところもありましたが、フランスだったりイギリスと比べると目を瞑ることのできる些細なことです。次は何なのか忘れましたが、『英霊剣豪七番勝負』だったら今回と同じく武蔵で遊べそうで楽しみです。ただ、またピックアップも行われるので優位性(?)が失われるのが悲しいですね。限定☆5剣鯖3体を並べるのは爽快だったので。

2016/12/6(その2)

只今、Kindleで大規模なセールをやってます。

その中でも、気になって買った『ふらいんぐうぃっち』を紹介します。

この『ふらいんぐうぃっち』は現代に生きる魔女、小幡真琴を中心としてゆっくりと流れる魔女修行のお話です。舞台は青森で、随所に青森の自然や暮らしが描かれています。どうやらアニメ化していたらしく、もしかしたら知っている人も多いかもしれないです。    魔法や関連した設定が日常によく溶け込んでいて、すらすらと読める内容だと思います。ゆゆ式や現代魔女図鑑のような緩いお話ですが、内容は魔女版よつばと!といった感じです。自分で言うのも難ですが、魔女版よつばと!ってのが読めば分かると思います。読む人が読めば、百合っぽさもあるかも知れません。魔女というだけあって、あっちこっちに女性が出てきてお話の中心になっていきます(男も出てます)。この漫画では魔女は職業というより、というスキルといったほうが的確で劇中でも言及されています。魔女修行ということもあり、触れ合う人々と日常を丁寧かつ綺麗に描いています。小幡のどこか抜けた性格と使い魔のチトのふれあいを見てるだけでも十分に癒されます。また、漫画の幕間に描かれる話もクスッと来るものが多く単行本で読むお得感があります。既刊が5巻と少し多いですが、ポイント還元が行われている今オススメの漫画です。

2016/12/6

 前の日記で、ゲームの寿命についてと言いましたがアレはまたその内に…。

初摘みホップヌーヴォー 2種

恒例のビール画像です、ご査収ください。プレモルは元々、そんなに好きな味じゃないです。周りにはこれすきって人が多いですけど。ただ、その中でも香るエールと黒ビールは好きな種類でした。その香るエールと普通の初摘みホップverが売ってたので、ご褒美とばかりに衝動買しました。

香るエールは更に洗練された味で、更に飲みやすくなってると感じました。ただ、フルーティーさは普通のものと比べると劣るかなとも思います。爽やかさを表に出ている味というのが結論ですかね。

普通verの方は、舌触りはやっぱり軽いんですけど普通の方が好きでないのもあってあんまり受け付けませんでした。途中で親にあげてしまったので、これ以上特に何も言えない…。

以上、レポっす。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜』を見ます

それとTHE ORIGINを観てきました。今回もやっぱり良かった、特に早見沙織が良かった。ララァ役と聞いて「合うのか…?」と疑問に思いましたが、違和感ありませんでした。どこか不思議と余韻の残る声で、芯の通った声でもっと聞いていたかった。THE ORIGINを観ていると、人間味のあるデギン・ザビリア王のような結末を迎えると思うと見ていて悲しくなる。デギンが人間的であるからこそ、ギレンやキシリアが輝くとも言えるので必要な犠牲なんだろうけど…(ドズルも然り)。Ⅴはほぼ1年後ということで、よっぽど力が入っているんだろうと思うと今から楽しみ。

2016/11/17

琥珀ヱビス

苦味が薄くてあっさりしてて美味しかった

恒例(?)のビール画像です。

 一枚目は琥珀ヱビス、出てから時間が経ってて尚且つ限定醸造だったので買えるか心配でした。しかし、杞憂で済んで良かった。味はコクが有って良かったです。一瞬、秋味を思い出したけど味が濃いとはまた別のベクトルな気がする。飲んだ中ではザ・モルツみたいな系列で、よりコクがある感じ。美味しいけど、何度も飲みたい味だとは思わなかった。

 2枚目は同じく限定醸造のもぎたてホップ。嵐がCMに出てるやつですね。もぎたてとか若さを売りにしてるだけあって、あっさりとした味。喉越しが良いとは別で、ビールだけど苦にならない苦さとでも言う感じ。独特の苦味が抑えられてる感じで、得意じゃない人でももしかしたらイケるかもと感じた。結構美味しいし年がら年中飲みたい感じだけど、叶わないのが残念。プレミアムモルツでも、同じ初摘みのポップを使った奴を売り出したので買って比較したいですね。

紅葉が始まってる

 これは先日届いた、honor8使って撮った写真です。しかし、自分がいまいちなので良さがあまり伝わらないと思う。他にも撮ったんだけど、職場の近くだったりして、あんまり上げるのは避けたいものばかり。ただ、雲の陰影がかなりはっきりした写真が取れたりして、カメラの性能は実感できてます。新宿御苑に撮りに行きたい欲が出てきてます。

 このhonor8はメインのSIM刺すつもりだったんですけど、まだ刺してないのでガッツリ弄ってるとは言い難いです。まだ刺してる理由は、楽天バイルの解約がうまく行ってないからです。夜討ち朝駆け的に電話しても一向に繋がらない。電話するのに神経すり減らすもの飽きてきた。というか、15日までに解約できなかったので500円弱を払うこととなりました。困る額ではないけど、本当に解約できるのか疑問に思えてきました。

 楽天バイルの問題はあるにせよ、所有感と愛着の湧く買い物ができて満足です。ケースは、SPIGENのものを使えてるのでコレも気に入ってる点の1つ。妹へのプレゼントやガラスフィルムで利用して満足考えられたメーカーなので、その製品が使えることはとてもうれしい。渋谷にあった店舗も行きましたし、会員カードも作りました。この会員カードは誰でも作れたと思うけど、持ってるのはレアな人だと勝手に思ってます。この店舗を訪ねた時に店員さんと「潰れないでくださいよ(笑)」と冗談で言ったら、1年経たずに無くなってしまってちょっと悲しかった記憶もある。カードを作ったは良いけど、作った後に使ってないので勿体無いのもある。もう一度、店舗出してください、転職して行きたいです(切実)

 オチが締まらない感じだけど、取り敢えず終わり。次はグラブルについて書くかも。アプデと寿命についての雑感みたいな感じで。

2016/11/8

honor8届いた

 画像のとおりです。日曜日に楽天カフェに行って実物を確認した後に、注文をして火曜日に届きました。

 余談ですがこの楽天カフェに行くに際して、新宿から渋谷まで歩きました。谷というだけあって坂が結構あって、中々厳しかったです。それでも、街の雰囲気がガラリと変わるのを体感できて新鮮な気持ちになりました。街歩きが趣味という人の気持ちが何となく分かる気がした。

 届いてからは色々とセットアップをして、ちょくちょく弄ってました。使っていると指紋認証とカメラが事前情報の通り便利で、すごいし気に入ってます。指紋認証については初めて搭載されてる端末を使っているので、比較はできません。が、触った瞬間にロックが解除されるのでラグとかは全く感じません。PINやパターンを入れる手間がないので、以前は設定してなかったのですがロックを掛けたままです。それにロック画面の画像が地味におしゃれで、開けるのが楽しみでもあります。

 メインのZ1fのカメラは、フォーカスが中々合わず、合ってもボヤけ具合が甘い感じで物足りなさがありました。honor8は暈しの強調ができ、またくっきりと写るので写真を撮る楽しみが生まれる感じです。季節上は秋なので、紅葉でも取りに行きたいのですが、今年は秋を通り越して冬っぽいのであまりきれいなのが撮れそうになく残念です。自転車で走り回るのも気温的に辛いので、新宿御苑に行くしか無いのだろうか。新宿使って5年目になりますけど、未だに一度も行ったことはなのでいい機会かもしれない。